キーワードから検索

副鼻腔炎ってどんな病気?②

副鼻腔炎について、耳鼻咽喉科医長 白取 謙一医師が4回にわたってお伝えします。

2回目は、副鼻腔炎の症状、検査や治療について説明します。

「副鼻腔炎」の症状、検査、保存的治療

急性期では鼻づまり、ドロッとした臭いのする鼻汁(鼻から出る、のどから下りる)、頬や鼻周囲の痛みや腫れ、発熱など強い症状を認めます。


1、2週間過ぎて症状が弱まったあともすっきりせず、匂いがわからない、頭痛、頭が重いなどの症状がある場合には炎症が慢性化している可能性があります。中耳炎や気管支炎を誘発することもあります。


体質、生活環境(気温、湿度変化、排ガス等)、アレルギー性鼻炎、鼻中隔(鼻腔中央のしきり)わん曲症など鼻腔の形の異常、自律神経などが影響するといわれています。


診断をつけるため、鼻の中に光を当てでのぞいて見るほか、鼻内視鏡や、レントゲンなどの検査を行います。場合によってはCT検査も行います。副鼻腔内の膿(うみ)や骨の変化などは通常のレントゲンでもわかりますが、粘膜の微妙な腫れを確認したり、カビの感染やがんの可能性が否定できない場合などは、CT検査のほうがより正確に診断できるからです。


また、アレルギー性鼻炎が副鼻腔炎を長引かせることも多いため、アレルギーの血液検査を行うこともあります。


治療は、鼻汁の吸引などの処置や、抗生物質などの薬を副鼻腔に送りこむネブライザー療法などを行います。飲み薬では鼻汁の粘りを低下させる粘液調整薬や去痰薬のほか、慢性化している場合にはマクロライド系という抗生物質を通常の半分の量で長期間(3カ月が目安)服用する「少量長期投与」も有効です。


線毛の運動を改善したり、炎症を引き起こす物質の発生を抑えると考えられており、抗生物質の殺菌作用とは別の効果を期待した治療法です。


副鼻腔炎ってどんな病気?③へ つづく)


※「しんぶん赤旗」2019年1月16日付より(毎週水曜日に掲載されている2回目です)


もっと知ってほしいページトップ