キーワードから検索

介護予防センターきくすい

介護予防センターとは、札幌市の委託を受けて介護予防事業を行なっています。 

「介護予防センターきくすい」の担当地域は、 菊水・菊水上町・東札幌 です。

主な業務内容

総合相談

ご自身やご家族の介護、認知症などに対する不安や心配、福祉や介護サービスについてなど、一緒に考えていく「地域の相談窓口」になっています。


おひとりで悩まず、お気軽にお電話下さい。電話相談・訪問相談に対応いたします。

すこやか倶楽部

日頃、外出の機会の少ないおおむね65歳以上の高齢者(介護保険サービスを利用されていない方)を対象に、地域の町内会館などを使って「体操・レクリエーション・作り物・ゲームなどを行っています。(各会館などで月1回程度)


地域で顔なじみの方も増える機会にもなり、菊水では「西町集会所」、「上町会館」、「UR3条団地集会室」、東札幌では「東札幌会館」、「UR6条団地集会室」などで開催しております。


尚、日時の変更・会場の変更などの場合がございます。準備の都合上、事前に参加申込みを受けております。(地域の回覧板でもご案内しています。)

実施場所

おおむね65歳以上の方で介護保険サービスを利用されていない方が対象です。

会場開催予定定数

1 菊水西町集会所 菊水5条2丁目1-4

毎月第2木曜日
午前10時~午後12時
20名~25名程

2 菊水上町集会所 菊水上町4条1丁目135

毎月第3木曜日
午前10時~午後12時
20名~25名程

3 UR菊水3条団地 菊水5条2丁目集会所

毎月第1火曜日
午前10時~午後12時
20名~25名程

4 東札幌会館 東札幌2条4丁目3-14

毎月第4水曜日
午前10時~午後12時
45名程

5 UR東札幌6条団地 東札幌6条3丁目集会所

毎月第1月曜日
午前10時~午後12時
25名程

 

  • 介護予防講話・体操・歌・脳トレ・レクリエーション・ゲーム・工作など(材料費がかかる場合があります。)
  • 日時の変更・会場の変更などの場合がございます。いずれの会場も参加人数の関係で、事前に参加申込みを受けております。(地域の回覧板でもご案内しています。)
  • 傷害保険に加入しますので「生年月日・住所・電話番号」などの登録をお願いしています。       「介護予防センターきくすい」へお尋ね下さい。

地域の福祉活動支援

地域の社会福祉協議会、福祉のまち推進センター、町内会、老人クラブなど各団体に呼んでいただき、介護予防や介護保険に関する講話や相談、介護予防にむけての体操・ゲーム・脳トレーニングなどを行なっています。

転倒予防教室

高齢者にとって「転倒」はとても危険です。
体操やレクリエーションなどを通して、転ばない体づくりを行ないます。最近、歩いていてつまづく、階段の昇り降りが大変になってきた・・・。

「転倒予防教室」にぜひ参加してみませんか。日程、会場等はお問い合わせ下さい。

認知症予防教室

認知症の高齢者は年々増加し、介護を必要とする認知症高齢者は200万人を超えたといわれています。


「認知症予防教室」では
「認知症について理解する」
「認知症の介護について学ぶ」
「脳トレーニングやゲームなどを体験する」教室を開催しています。

 

日程等はお問い合わせ下さい。介護されているご家族の参加も大歓迎です。

一緒に学びませんか。

「介護予防センターきくすい」広報 「すこやか通信」

すこやか通信
▲ご入稿:すこやか通信

「介護予防センターきくすい」では、菊水及び東札幌の連合町内会・各単位町内会等のご協力により、回覧板にて『すこやか通信』を配布頂いております。

介護予防に関する情報をはじめ、福祉用具の紹介や制度の紹介、各教室のご案内など掲載しております。

ご意見・ご感想をお待ちしております。

「生活機能チェックリスト」の実施

介護予防のための生活機能評価として(生活機能チェックリスト)があります。

65歳以上の方を対象に、生活する上で弱ってきているところがないかなど、生活機能の状況をチェックします。

介護予防のために

介護を必要とするほどでも無いけれど、生活上に少し不自由を感じ、このままでいると要介護になるおそれがある高齢者を対象に、運動・栄養・口腔・介護などの教室や地域支援を行なっています。

「介護予防」とは、要支援や要介護の状態になる事を予防し、いつまでも元気で、自分らしく、いきいきと暮らしていくための手段です。

病気を予防するだけでなく、老化のサインを早く見つけて適切に対応していくことで、元気な暮らしを維持していきましょう。

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。


介護予防センターきくすい
TEL:011-820-1365(直通)