キーワードから検索

当科の特徴

  • 白内障、緑内障、糖尿病網膜症など眼科全般を扱っています。
  • さまざまな事情から局所麻酔下での手術が困難な方、精神的な問題などを抱えている方などにも安心して手術をすることが出来ます。
  • 視機能の障害がある方に、残された視機能を最大限活用する支援をするロービジョンケア診療にも力を入れています。
  • 診療内容は限られますが、往診診療を行っています。
    在宅医療のご案内
  • 「ひとみの会」という患者活動を行っています。
    眼科患者会「ひとみの会」
  • 地方診療所への年に1度の糖尿病網膜症を中心とした検診を行っています。

  • 当科では白内障緑内障糖尿病網膜症などの網膜疾患など眼科全般を扱っています。特に糖尿病などの合併症がある場合や小児の患者さんの場合は内科や小児科など他の診療科と連携しながら総合的に診察・治療しています。
  • 視機能の障害がある方に、残された視機能を最大限活用する支援をするロービジョンケア診療にも力を入れています。
  • 外来での手術だけでなく、認知症など様々な事情から局所麻酔下での手術が困難な方には全身麻酔下で手術をしています。
  • 通院が困難な方のお宅へ伺う往診を実施しています。
  • 厚賀、黒松内、神威にある勤医協の地方診療所で年に1度の眼科検診を行っています。
  • ひとみの会」という患者会の活動を行っています。

白内障

当院の手術患者数では、最も多くを占めます。白内障の病状も様々で、我慢しすぎて合併症を起こしたり手術の眼への負担が大きくなったりする前に、患者さんやご家族と相談して手術の時期を決めています。入院でも、外来でも可能です。相談をしながら選択しています。


緑内障

最近、企業検診でも緑内障早期発見を念頭に置いた眼底写真を行われるようになり、患者数が増えてきています。早期発見・早期治療を目標に診療をしています。


糖尿病網膜症

失明原因の第2位の疾患であることはあまり知られていません。治療開始の時期を逃さないための定期受診が重要なので、当院内科医と連携しながら、失明予防に努めています。


全身麻酔

麻酔科医が常駐しており、精神的な問題などを抱えている方などにも安心して手術をすることが出来ます。近隣の眼科の先生から、全身麻酔で…との紹介も受けています。


往診医療

通院が困難な患者さんのために往診に取り組んでいます。グループホーム・老人ホーム等施設へも行っています。持って行ける機器に限りがあり、視力検査や正確な眼底検査ができないなど診療内容に制限があります。

訪問圏内など詳細はこちらをご覧ください。

 

在宅医療のご案内


地方診療所への検診

勤医協黒松内・厚賀・神威・上砂川各診療所へ、糖尿病網膜症を中心とした検診を行っています。


眼科患者会「ひとみの会」

ひとみの会では患者さんの交流や社会保障改善の活動に取り組んでいます。

眼内レンズの保険適用を求める運動では中心になって活動しました。福祉タクシーチケット増券の取り組みや、病院周辺の視覚障がい者の立場での環境調査などにも取り組んできました。詳細は患者会ページをご覧ください。

 

眼科患者会「ひとみの会」