キーワードから検索

2月開催報告「睡眠について」

2月の医療講演会は、内科の在原房子医師が「犯人は誰だ!?睡眠泥棒を見つけ出せ!~これであなたも睡眠マスター~」と題して講演しました。

不眠の犯人を睡眠泥棒にたとえ、睡眠に悩みがある依頼人を動物に見立てて犯人探しをするというユニークな設定で講演が進みました。

 

「寝付きが悪い」と依頼してきたネコは、寝る前に熱いお風呂で体を温めて、リラックスできるようにココアを飲んでから寝ていました。

熱いお風呂が交感神経を高め、ココアのカフェインが脳を覚醒させていました。

そうです!犯人は熱いお風呂とココアでした。

こんなわかりやすい説明で、不眠の原因(犯人探し)が続きました。

良い睡眠をとる主なポイントは以下の7点です。

・熱いお風呂は就寝の1~2時間前に

・就寝前のカフェイン摂取は避ける

・夜起きてしまう原因はひん尿かも

・必要な睡眠時間は短くなっていく

・就寝、起床時刻にこだわらない

・昼寝は午後3時までに30分まで

・寝酒は百害あって一利なし


最後に在原医師は、薬に頼らず、睡眠泥棒を退治することが大事だと講演をしめくくりました。


講演の後の質問コーナーでは、皆さんからの質問が絶える暇がなく、睡眠に対する関心が高いことがわかりました。


 

夜中0時頃に目が覚めるが大丈夫か?

その方にとって、必要な睡眠時間が確保できていれば良いです。

夢ばかりみて、寝た気がしない。

眠りが浅いのかもしれません。
睡眠導入剤を10年くらい飲んでいるが、依存してしまうのではないかと心配。

体が薬に慣れてしまっている。薬をやめるには1年位くらい時間をかける

ことが大切です。

あるテレビ番組でココアが良いと言っていたので飲んでるが、睡眠には悪いのか?

カフェインが入っているので、なるべく朝と昼に飲みましょう。


 

 

など他にも多くの質問が出されました。

 

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

次回(3月)の医療講演会

3/15(木)14時~15時 菊水ビル4階・大会議室

 

勤医協札幌病院 整形外科 猫塚 義夫医師による「腰痛・膝痛の克服にむけて」です。

 

簡単な運動もご紹介しますので、動きやすい服装、飲み物持参でご参加ください。

参加は無料です。どうぞお気軽にお越しください。

来院される方ページトップ